おたからや札幌中央店|高値買取必至の切手とは


HOME >> 高値買取必至の切手とは


高値買取必至の切手とは

高値買取必至の切手とは

高値で買取されるプレミア切手

額面より1円でも高く買取されている切手は、プレミア切手と言われています。ほとんどの切手は額面と同じかそれ以下の価値しかありませんが、発行枚数が少ないものは希少価値が高くなり、1枚数十万というプレミア価格で取引されているのです。

特に、切手発行が始まった明治~昭和初期に発行された切手には希少価値が高いものが多くあります。
代表的なプレミア切手には、「見返り美人」や「月に雁」が挙げられます。この2つは日本を代表する切手とも言われ、小さな芸術品として日本だけでなく海外でも人気を集めました。

プレミア切手の種類

希少価値が高く、プレミア切手として高値で取引されている切手にはいくつか種類があります。

記念切手

昭和立太子礼記念切手や明治銀婚記念切手などの記念切手は価値が高く、プレミア切手として人気です。記念切手は発行枚数が多いものもあり、その価値は種類によって大きく異なります。

なかにはプロの鑑定士だからこそ気づく価値がついた記念切手も少なくありません。
数千円から数万、数十万円の価値がついている場合もあるので、あまり有名な記念切手でなくても一度査定に出すことをおすすめします。

琉球切手

「琉球切手」は昭和20年から昭和47年に限定されて発行された切手のことです。
米軍の統治下にあった琉球政府の時代に発行されたため、額面が円ではなくセントやドルで表記されています。発行期間が短く希少価値が高いため、高値で取引されているのです。

エラー切手

切手の製造途中でミスが生じたまま発行された切手をエラー切手と言います。
例えば、切手の刷り色が漏れている、目打がない・ズレている、糊の部分に印刷されている、などがエラー切手です。エラー切手は枚数が少ないのでプレミア価値がつくこともあります。

上記で紹介した切手以外にも、高値で取引されている切手はいくつかあります。
通常切手も比較的高値で買取を行っているので一度査定に出してみましょう。手元にある切手のなかから、プレミア切手が出てくるかもしれません。

札幌切手買取を依頼するなら、おたからや札幌中央店をご利用ください。
通常切手や記念切手、外国切手を問わず切手買取を行っています。シートやバラになっているものも買取らせていただきます。切手買取だけでなく、ブランド品買取や貴金属買取など取扱品目は豊富です。郵送買取や出張買取も強化していますので、遠方の方もお気軽にお問い合わせください。

おたからや札幌中央店 北海道札幌市中央区南二条西4丁目丸福ビル1階 フリーダイヤル 0120-627-009 TEL 011-281-8399 FAX 011-596-0929 メール sapporochuou@otakaraya.jp 営業時間 10:00~19:00 休日 年中無休